HOME

スポーツ傷害 なぜおこる?

自分に適さないフォーム教科書通りのフォームでプレイしていても身体を痛めます。
自分の身体に無関心どうすれば強くなれるのか、どうすればケガを少なくできるかを考えないため
アフターケア不足練習後のクールダウンに十分な時間をかけず帰宅してしまうなど
ケガが完治する前に無理をする「痛みが無いから大丈夫」と自己判断で軽い気持ちで再会するため
間違ったトレーニング・ストレッチ自己流のトレーニングが原因として多い
当院では
「 一人一人の症状に合った方法 」

で、治療や指導等のサポートを行っております。フォームの改善やストレッチ、日々の生活に合わせたサポートで根本から改善する事を目的としております。

スポーツ傷害とは「外傷」と「障害」の総称、それぞれ意味・治療が異なります

外傷

1回の外力によっておこるケガで、受傷機転が明確なことがほとんどです。

障害

繰り返されるストレスによって組織が徐々に損傷するケガ。そのため受傷機転がはっきりとしないことが多い。

保険診療に適用できる治療と自由診療の治療の違い

保険診療に適用できる治療
骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷、その他、筋・腱等の軟部組織の損傷など、負傷の原因が明確で急性・亜急性の場合には、健康保険(国民健康保険・社会保険・組合保険・共済保険)が使用できます。
保険の種類
「健康保険診療」「交通事故診療」「労災保険診療」が代表的な保険適用の治療になります。
それ以外が自由診療、ですが・・・
ただし、スポーツによる痛みは線引きが難しく、慢性的な傷害でも突然痛みがぶり返し急性炎症を起こすこともございます。その場合は保険適用となります。
ご自分でのご判断は難しいケースが多いので、お気軽に院へご相談にお越し下さい。
診療費用の詳細
治療費ってわかりづらい